2019 この夏おすすめメンズ香水5選!

シェアする

今年は冷夏!ということで長い梅雨も続いておりますね。

梅雨時期〜蒸し蒸しする夏にこそ心地よい香りを纏うことで、気持ちもボディもリフレッシュして心穏やかに過ごせるはず。

また、清々しい香りを男性がうまくつけこなすことで、近くにいる女性にも本人のセンスのよさが伝わったり、気持ちの余裕を持って接することができて一石二鳥です!

2018年バージョンはWEB検索で実は人気記事らしいです!こちらもあわせてチェックしてみてくださいね^^)

2019年最新バージョンのおすすめ5選を、

女性調香師目線でご提案。

女性の方は彼にプレゼントするもよし、ご自身で使うもよし…!ぜひ参考にしてみてくださいね^^

(ちなみにチョイスしたのはどの香水も完全なるメンズ用ではありません。ノージェンダーなタイプをピックアップしておりますので、お好みに応じて女性の方もご自身用として、パートナーと共用もおすすめです!)

食前酒のような爽快アロマでリフレッシュ!

ラルチザン パフューム「モン ニュメロ9 オーデコロン」

仕事終わりに立ち寄ったバーで飲む食前酒のような、爽快なアロマティックさが心地よいこの香り。

オーデコロンタイプなので、香りが濃密すぎることもなく、フレグランス初心者の方でも使いやすいです。

しかし…ただの初心者向けの香りではありません。

イタリアのお酒リモンチェッロのようなスパークリングでほんのり甘いレモン感に、ほのかなシソの青々しい香りがアクセントで効いています。またラストはグッと大人なミルラ(乳香)の樹脂感が心を落ち着けてくれる玄人好みの香りでもあります。

洗いたての白いシャツに、さらっと纏って

エルメス 「オードランジュ ヴェルト コンセントレ」

お次は永遠の名作の、コンセントレ(濃厚ver)をご紹介。

オー ドランジュ=オレンジの水

ヴェルト=緑

フランス語で「青いオレンジの水」という意味の香り。

ミント、マンダリン、オレンジなどがメインの非常に清々しい香り。でも単なる柑橘系香水ではありません。

樹木のパチュリ、シダーウッド、透明感がありながらセンシュアルさのあるアンバー、ムスクがさりげなく絡みあい、清潔感のある男性ならではの色気を醸し出すのにピッタリな香りです。

爽やかながらも持続性の高いコンセントレが、とくに香りの飛びやすい夏にはおすすめ。

夏の男らしさはドライ感で演出して

エラケイ「エプパ・モナムール」

昨年(2018年)に日本に上陸したばかりのブランドELLA K PARFUMSの旅のシリーズの中からひとつ。

夏でも男らしさを忘れたくない方は、暑苦しくなりすぎないドライ感のある香りがおすすめです。

人と大地の共通点を香りで描いた、少しワイルドかつドライな印象の香り。こちらはアフリカの赤土のイメージだとか。

アンバー、ベチバーなどで生き生きとした太陽の匂いを。生き生きとした躍動感のあるアフリカの息吹を感じて取り入れてみては。

逃避行のような真夏の甘美な香り

キリアン「ムーンライト イン ヘブン」

夜に輝く月明かりのような、綺麗な青い夜の中でときめくとろみのあるマンゴーやココナッツのフルーティが甘美な印象。

普段はクールな印象の男性が、こんなほのかなリゾート感のある香りをつけこなしていたら、その意外性にハッとする女性も多そう!

ピンクペッパーベリーのスパイスが効き、甘いだけでないエキゾチックな辛味があるのも、グルマン系に初めてトライする男性にもおすすめです。

滝の清流を感じるジャングルの香り

フエギア「イグアス」

着想源は、アルゼンチンとブラジルにまたがる世界最大の滝「イグアス」。

水が打たれ落ちる音や水しぶき、ジャングルに囲まれた滝の香りをイメージした夏ならではの香り。キューカンバーとアルゼンチンのブランドならではのマテ茶とヴァイオレットリーフを合わせた究極のグリーンノート。

真夏でも、清流のような心地よさを感じられそうなフレグランスです。

いかがでしたでしょうか?

フレグランスを初めて使うという方にも、

もう既にたくさんお持ちという方にも、ぜひ手にとって試香していただきたい香りを集めてみました。

少しでもお役に立てましたら嬉しいです!

最新情報はTwitterにて毎日更新中!

@ablxs_official

ご興味もっていただけましたら、

ぜひチェック&フォローをよろしくお願いします^^

(Visited 127 times, 1 visits today)

シェアする

フォローする