3/31・天秤座満月の過ごし方

シェアする

3月も、もうあと3日。

3月最終日である3月31日には天秤座で満月が起こります。

(なんか3という数字がいっぱい!笑 「3」という数の意味についてはまた近々♪)

月はご存知のように毎日満ちては欠け、

約28日周期で新月(月のみえない暗闇の夜)→上弦の月(満ちていく月)→満月(まん丸のフルムーン)→下弦の月(欠けてゆく月)→新月を繰り返しています。

その中でも満月の夜は、特別なとき。

時間をかけて積み上げてきたものが、

完璧なまんまるい月として完成する夜

そう、満月は「満ちるとき」なのです。

イメージの話ですが、コップの水が満ちる=満杯になると、

ほんの少しコップに触れただけで、水が溢れだしそうになってちょっとコワイですよね。

「満ちたもの」には、軽々しく触れてはいけない!という神聖さがある反面、

ちょっと神経質になったり、不安な気持ちになることもあります。

だから、「あ〜、なんだかいつもよりイライラしてる!

センチメンタルな気持ちになってる!」

という日に空を見上げると、「ああ満月だったんだ。」

だからだったのね、と、ほっと、ため息をつく…なんていうことが私はあります 笑

そんな満月が、3月末には天秤座の空で起きるのです。

天秤座のキーワードは、

「パートナーシップ」や「バランス」。

人との関係性を見直すタイミングが、

この月末なのかもしれません。

いままで人と築いてきた関係性。

それを、「精査」するようなイメージです。

「パートナーシップ」は2人で築くもの。

たとえば、駆け引きをしながら不安定な恋愛関係を進めてきた。

でも、どちらかだけが尽くしすぎたり、

どちらかだけが耐えることが多かったり…

そんな関係だと、後々その「バランス」がくずれてきます。

例えば、

自分の思っていることを素直に言ってみる…

場合によっては、もう一緒にいるのはやめようと言ってみる…

そこで離れることになるのか、逆に絆が深まるのか?

行動を起こすことでどう転ぶかは人それぞれかと思いますが、

まず「対等な関係」になる第一歩には必ずなることと思います。

上がったり下がったりする天秤が、

「パシっ!」と良いバランスで止まる場所。

恋愛だけでなく、仕事でももちろん同じ。

お互いが同じだけのエネルギーを出しあっても良い!

思えるような「本気のパートナー」となれる関係性だけが、

今後、末長く続いていく大切な何かを共有していく人となるのではないかと思います。

さあ今、あなたが本音で向き合いたい人は誰ですか…?^^

(Visited 226 times, 1 visits today)

シェアする

フォローする