つくることで癒される「箱庭」に似た香りの世界

シェアする

「香りの標本」セッションご参加者のO.AさまのFaceBookに掲載いただいた記事を転載させていただきます^^

調香を体験してきました。

「香りの標本」と名付けられたセッションでは、
事前に自分のイメージに合わせて用意していただいた香料を試しながら、

香りから感じるインスピレーションをカウンセリングのなかで言葉にしてイメージを膨らませ、ピンときた香料をいくつか配合などアドバイス頂きつつ調香して、自分だけの香りをつくります。

カウンセリングでは、香りを手がかりに日常で気づいていない

自分の大切な想いや風景が立ち上るのが印象的でした。

子どもの頃大好きだった「しあわせをよぶ小さな庭」というフランスのお話に、

病気になってしまったお母さんと行った田舎の庭が忘れられなくて、

女の子が箱庭を作る場面がありました。

作る過程の繊細な手仕事にもワクワクしましたが、

作ることで女の子の気持ちが癒されていくのを、

一緒に体験したような素敵な作品でした。

調香も少し、箱庭に似ているように思います。

そして出来上がった世界でたったひとつの私の香りは、

つけると瞬く間にその風景に連れて行ってくれる扉のようです。

昔見た景色に励まされる。

静謐で美しい空間、心が深呼吸をするようなひと時でした。

〈「香りの標本セッション」詳細・お申込みはこちらから〉

【11/12月枠・受付開始☆】「香りの標本」セッションとは?
「香りの標本」セッション。 それは、 いつまでも忘れたくない温かな気持ち、もう会えない大事な人との想い出、 大切に...
(Visited 62 times, 1 visits today)

シェアする

フォローする