「夕暮れの風の中」〜香りの記憶セッションご感想⑥〜

シェアする

憧れだった調香師・Chiyoさんの調香セッション、

香りの標本」をや〜〜っと!体験しに行くことが出来ました!

香水マニアとしては、何もかもがわくわくする体験です。

一緒に香りを試して、香料(しかも第一線で使うような上質なものばかり…)を選びながら…
ひとつひとつ丁寧に教えて下さいました。

自分のイメージや思い出を標本として香水に閉じこめる…香水好きには夢のよう。
ドキドキしながら感覚で選び、出来上がった香りを嗅いだ途端。

私の思い出…
脳内の世界がまさに現実で形となった。

記憶が「香水」に変わった。
五感で感じた切ない感情を私だけの〝標本″として…。

一生モノの体験でした。


仕上がった味香りを「可憐」、と仰って下さったchiyoさん。
片思いの感情を標本にしてみました。

幸せいっぱいで、ぱあっと夢が広がっていて、
心は甘く爽やかで、でも切なくて…
夕暮れの空が、あまりに綺麗で…。

香水名は『夕暮れの風の中』。

出来上がって嗅いだ瞬間に呼び起こされた記憶は、きっと私の中で永遠となる。
香水として、自分の中の世界が、形に変わる…

自分のイメージ(想像した世界や記憶)を香水化したい、

という長年の夢がやっと叶いました。

とても素敵な時間でした!
本当にありがとうございました…!✨


Twitter 律さま(@surrealism_xxx)より、「香りの標本セッション」のすてきなご感想をいただきました✨ありがとうございます💓

高校時代のなんともいえない青春の甘酸っぱい香り…

清潔感のあるリネンやソーダ水のような爽やかな甘み、

そして淡いラベンダーカラーを想わせる繊細で静かなフローラルに移り変わる

切ないフレグランスに仕上がっていました。

あなたも、「あなただけの記憶」を香りに閉じ込めに来てくださいね♪

✨🕊「香りの標本セッション」詳細・お申し込みはコチラ🕊✨

【11/12月枠・受付開始☆】「香りの標本」セッションとは?
「香りの標本」セッション。 それは、 いつまでも忘れたくない温かな気持ち、もう会えない大事な人との想い出、 大切に...
(Visited 77 times, 1 visits today)

シェアする

フォローする