「香り」に秘められた、導くチカラ

シェアする

これまで香りについてのお仕事を様々させていただき、

有り難いことに気づけばなんと6年も経ちます!

今まで、アーティストのブランディングのためのオリジナルの香りづくり、

12星座をテーマにしたフレグランスプロダクトづくり、調香体験のワークショップ、

調香×言葉の表現の世界を深く知っていただくクラス開催など、

色々とやらせていただきました。

今年は7年目に突入…

ということで、

これからは、より「本質に迫る活動」に着手していきたいと考えています。

香りは、アナタの心に触れることができるツール

上記の活動内容を文字だけで見ると、

きっと色んな角度から香りの啓蒙・創作活動をしてきたのかな?と思われるかもしれません。

…はい、かくいう私もそう思って活動していました(笑)

でも振り返ってみると、それだけではなく、

実は活動すべてに「ある共通点」があること気がついたのです。

それは、

香りに向き合えば向き合うほど、その人の内面が暴かれる…ということ。

こう言ったらびっくりされるかもしれませんが、

カンタンに言うと参加者の方おひとりおひとりの、

「本質」や「核」となるもの、

そのときの「ご自身のテーマ」

が、香りをつくる過程で必ず行うカウンセリングや、

調香を体験していただくときに行う

単品香料選び香りを言葉で表す瞬間

自然とそこに滲み出てくるのです。

あるとき、1対1でオリジナルフレグランス制作のカウンセリングをさせていただいた時、

ご依頼主さまから

面白い質問をするんですね?香りをつくるのに、

そんなに掘り下げて色々聞かれると思ってもみなかった。

また、香りと向き合うことで自分が何を大切にしているのか、

何が理由で◯◯が好きだったのか腑に落ちました。

と云われたのです。

この時、なるほど、

香りって五感を通して感じたことを素直に味わおうとトライすること、

それを言葉としてアウトプットしようと試みることで、

自分でも気付けていなかった自分のことが浮き彫りになるツール

としても使えるんだな、と改めて気付かされたのです。

質問で導く「あなたの向かう道しるべ」

また、おそらく私の質問していく内容も、ちょっと特殊なんだと思います。

私は10年以上美容の業界で仕事をしてきており、

長年化粧品会社の販売員、そしてスタッフ教育トレーナーを経験してきています。

化粧品の現場では、

お客様が求めているものは「ただキレイなメイクが仕上がる」

ことだけでは決してありません。

その先、キレイになった先に「理想の自分」になれているシーンが浮かんだとき、

はじめて納得して商品を購入してくださるのです。

例えば、

「◯◯という肌悩みを解決して、ストレスフリーな生活をしていたい」

「キレイな赤い口紅をつけこなして、パーティで一目置かれる私になる」

など具体的なシーン・情景を一緒に思い浮かべられるように工夫していました。

なので無意識のうちに、

“共感性”や“聴く力”がものすごく磨かれていたのだと思います。

今となって思い返してみれば、私にとっては、

「どんな聴き方をすれば、その人の核心に迫れるか」

という創意工夫の修行の時間だったのかもしれませんね。

その「カウンセリング力・聴く力」をつかって、

「香りの記憶セッション」ではあなたを、

あなた自身が向かうべき方向へと導く手助けもしていきます。

ていねいに「あなたひとり」と向き合う時間をつくります

また、フレグランスづくりの講座などでは、

普段は一度に4,5人〜多いときは10名以上の方を対象に行っているのと、

ものづくりがメインのテーマとなっているので

「あ、今この人、(香りを嗅いだことで大切なことに気付いて)

すごく大事なこと言ってる!」と思ったときでも、

全てをすくい上げていく事には限界があるのです。

(他の参加者さまもいらっしゃいますし、プライベートなことをお話してもらうのもあまりよくないかな?などと思うこともあり)

なので、今後は香りづくりの面白さ・魅力はもちろんのこと、

「自分を更新していくために、今の自分と向き合うツール」として

香りを知ってもらいたい、

と思い今回新たに始めるフレグランス セッションをメインの活動にしていこうと考えています。

さて、そこで2月後半に「香りの記憶」セッションを本格始動前に、

いつもメルマガ・LINE@や私のホームであるツイッターをご愛読いただいている

皆さまにモニター募集というカタチで、セッションのご体験者さまを募ろうと考えました。

ご興味のある方は、リンクからぜひご応募くださいね*

【11/12月枠・受付開始☆】「香りの標本」セッションとは?
「香りの標本」セッション。 それは、 いつまでも忘れたくない温かな気持ち、もう会えない大事な人との想い出、 大切に...

(Visited 163 times, 1 visits today)

シェアする

フォローする