ブラシに仕込まれた香り?!

シェアする

日本の伝統芸能である、歌舞伎 。

歌舞伎役者たちは、米や白粧花を原料とする白粉をファンデーションとして、顔や首、胸元に纏い、舞台の上に上がっていました。

この歌舞伎独自の化粧法からヒントを得て生まれたのが、

スウェーデン BYREDOの

パウダータイプの新感覚フレグランス「カブキ (Kabuki)」。

まるで 化粧筆のようなブラシで肌をなでると、ふわりと香りが広がります。

単体で使って穏やかな香りを楽しむもよし、

従来のフレグランスや ボディクリームと組み合わせて奥深い香りのコーディネートを楽しむもよし。

ラインナップは全3種類。

清潔感のある白をイメージしたブランシェ
父の古い日記に着想を得たアバンギャルドなパリの香り バル ダブリック
ジプシーたちの自然に根ざした自由な生き方を表現したウッディなジプシーウォーター…

あなたは、どの香りを纏ってみたい?

(Visited 41 times, 1 visits today)

シェアする

フォローする