雨上がりの蒸気の香り

シェアする

フランスのフレグランスブランド「 MADetLEN (マドエレン)」で一番気になった香り。

それは「FUMUS (フムス)」という、

雨に濡れた枯草や樹皮を思わせる、しっとりとした独特の存在感を持つフレグランス。

フムスとは、蒸気や大地という意味があるそう。

まさに雨がじっとりと染み込み黒々と湿った大地から、

朝のひんやりとした空気に蒸気を伴って香りたつ霧のような、そんなイメージ。

マドエレンでは他にも、

古びたパチュリと咲き誇る薔薇の花びらのコントラストを描いた「 パチョリアミ」や、
肥沃な腐植土、鉱物などを含んだ黒い大地の香り「テレノア」など

様々な情景をリアルに切り取ったような香りがたくさん。

新しい景色に出逢いたい方は、

マドエレンの香りから探してみるのも良いかもしれませんね…*

(Visited 159 times, 1 visits today)

シェアする

フォローする