「アブラクサス」というブランド名の由来

シェアする

先日、「TV放送から20年、誘おう君が望む世界へ…」

少女革命ウテナの特別展に行ってきました。

アンビバレントな美意識、独自のシュールなユーモアセンス、

乙女の夢をつめこんだロマンティックなシーン…なのにとことん変!(笑)

シンメトリーの様式美を持つ幻想的で、ありそうでない美術設定や世界観…

多感な中学生の時たくさんの影響を受けた、

個人的にもとても思い入れのある作品です。

貴重な原画やセル画名シーンが再現された特設会場、

大人になってからあの世界観に再会できるなんて本当に感動です!!

(あ、中学生のとき影絵の絵ばっかり書いてたのは、

もしかして影絵少女の影響かな?笑)

そして実は…初めて明かしますが、私のブランド名である「アブラクサス」も

少女革命ウテナから影響を受けています。

“卵の殻を破らねば、雛鳥は生まれずに死んでいく。

我らが雛で、世界は卵だ。

世界の殻を破らねば、我らは生まれずに死んでいく。

世界の殻を破壊せよ。世界を革命するために。”

という名セリフの大元になっている

ヘルマン・ヘッセの『デミアン』に出てくる、とある神様の名前なのです。

もとの詩には

“鳥は卵の中から抜け出ようと戦う。

卵は世界だ。

生まれようと欲するものは一つの世界を破壊せねばならぬ。

鳥は神に向かって飛ぶ。

神の名はアブラクサス。”

とあります。

アブラクサス=「殻を破って生まれようともがく自己が、辿り着こうと向かう先」

と読むこともできますね。

ちなみにこの『デミアン』の中で主人公は自身の成長と共に、

善と悪を知り、光と闇、秩序と混沌、創造と破壊を知ります。

自己と他者が一体であって、しかし永遠の別離であるとも知ります。

人間にはいつでも複雑で相反する感情や要素がつきまとう…

でもそれらの要素を深く味わうことで、人間的にさらに成長していくことができる

私はそう感じています。

そんな人間の多面的な魅力、その時々に感じる感情や表情に光を当てて、

香りやメイクを通じてその人の物語をより輝かせられたら…

そんな想いで「アブラクサス」という名前をつけさせていただいております^^

ちなみに(かなりマニアックな話になってしまいますが)アブラクサスはグノーシス主義の文献によると、異端の神であり、「神的なものと悪魔的なものとを結合する象徴的な使命を持つ、一つの神の名」とされています。

神であり悪魔であり、明るい世界と暗い世界とを内包しているのです。

(だから私のブランドのロゴも、実は女性の二面性を表すイラストになっています!)

でも、これって神だけじゃなくて人間も同じだと思うんですよね。

明るい面も暗い面も同時に持っている、それがある意味人間らしさなんじゃないかな、と。

神様は全能なイメージですが、ある意味アブラクサスは「とっても人間的」。

ゆえに、「その人をまるごと認める」というのが、

私のブランドAblxs(アブラクサス)の裏テーマでもあります。

良いところもコンプレックスもまとめて全部認めて、

その上でどう見せるか、どう生かすか…

これからもそんな考えを大切に、

私のところへ来てくださる方、それぞれの世界観の表現を追求していけたらなと思っています^^

(Visited 826 times, 1 visits today)

シェアする

フォローする