「ラベンダーカラー」で ドールのような透明感が得られる理由

シェアする

ラベンダーカラーは「黄色人種」の私たちにとって強い味方

あなたは、メイクでラベンダーカラーをよく使いますか?

例えばアイシャドウでパープル、ラベンダーってなんだかケバくなりそう…
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

が!
「ラベンダー」って、黄色人種である私たち日本人とって、
強い味方になってくれるキーカラーなのです♪

そもそも日本人の肌色は黄味が強いことで、
鮮やかさのあるキレイな色を乗せるほど、自分の肌が濁ってみえがちなんです。

例えば顔色をよく見せようとはっきりした
ピュアレッドの口紅をつけると
逆にクマやニキビ跡が目立つ…

そんなとき顔色のコントロールを
してくれるのが「ラベンダー」なのです。


色相でいうと、パープルは黄味の反対色。
ということは…

【お悩み】
・夕方になると、気になってくる黃ぐすみ
・疲れているわけじゃないのに顔色が悪い
・色ムラが気になって、ポイントメイクの綺麗な色が映えない(泣)
などを解消してくれ、

【活用できると…】
・涼しげな透明感
・ドールのような曇りのない肌
・綺麗な色の口紅やシャドーが映える肌になる

などのメリットがあります^^

下地に「ラベンダーカラー」の仕込みを

では、そうすればいいの?

はい、それは…

下地に「ラベンダーカラー」を仕込む

ただ、それだけでOK♪

ファンデーションの下地やコントロールカラーに
ラベンダーニュアンスのあるものを使う。
アイシャドウの下地にラベンダーカラーのものをうっすら付けてみる。

この時大事なのは透明感のあるものを選ぶこと。
シアーで艶のあるリキッドタイプ、または練り状のタイプがおすすめです。

仮にマット(しっかりした発色でツヤのないもの)すぎるタイプだと、
まるで「白塗りしてるんですか?!」と聞かれるような
能面顔になってしまうので要注意!

完全に自分の肌色を覆ってしまわず、少し透け感のあるほうが
コワイかんじにならず、「あなたの肌そのものが美しい」
そんな印象に見せることができます。

ぜひ、明日のメイクから試してみてくださいね♪
ちなみに、香りでも「ラベンダー」ってとても重要。
人の心に安らぎをあたえたり、安眠に導くアロマとしても有名ですよね。

「ラベンダー」の知られざる魅力を調香師目線で、
今週金曜日(7/28)配信のPodcastでお話していく予定です。
ぜひそちらもあわせてチェックして、メイク×香り2つの面から
「ラベンダーマスター」になっちゃってください♪

****************************

Podcast 「調香師Chiyoの記憶に残る女になる~香り×メイクでオーラを放つ方法~」
★こちらから過去の回も、いつでも無料でご視聴いただけます!
(「登録」ボタンを押していただくと最新の配信情報をアプリから受け取ることができます)
https://goo.gl/N2X8H6

****************************

また、今後この記事のような

香り×メイクでなりたい女性に変身していくテクニックや、

Fragrance Salon Ablxsの最新情報を受取りたい方は

以下のリンクからお申込みください♪

“女優力”で人生が変わる 無料メルマガ登録はコチラから!

それではまた^^

(Visited 225 times, 1 visits today)

シェアする

フォローする