Rosso 〜赤い果実の守護〜

シェアする

Fragrance Salon Ablxsから、クリスマス限定の香り(全2種)がお披露目となります!

12/2(日)〜の千駄木Gallery+Cafe TENTさまでの展示会にてお求めいただけます。

数量限定・期間限定のスペシャルアイテムとなりますので、気になる方はお早めに♪

初日の12/2(日)17〜20時には私Chiyoも会場に在廊予定です。

香りについて、それ以外のお話も…

ゆっくりお茶しながらお話できましたら嬉しいです!

ぜひゆったりとクリスマス気分を味わいながら、

1年間頑張ってきたご自身への「贈り物」を探しにいらしてくださいね^^

Rosso

〜赤い果実の守護〜

中世ヨーロッパから伝わる 香りの魔除け

植物の効力を秘めた 真冬のフルーツ・ポマンダー

【Type】

Spicy Fruity

TOP – Orange,Apple,Pine apple

MIDDLE – Clove,Red Rose,Anis

LAST – Cinnamon,Sandalwood,Cardamon,Amber

【数量・期間限定】

GIFT フレグランスシリーズ〈Rosso〉

4,200円+税

西洋に伝わる冬の風物詩に「ポマンダー」があります。

ポマンダーの歴史はとても古く、その起源は中世ヨーロッパにまで遡ります。

語源は、丸いものの象徴とされた“pomme(リンゴ)”と、

当時流行していた、ふくよかで色気のある香料“amber(アンバー/竜涎香)”。

金や銀製で穴のあいた丸い容器に抗菌・防虫に役立つハーブやスパイスなどを詰め、

貴族たちが魔除けのために持ち歩いたものを指します。

植物の香りを心身の健康に活用する“アロマセラピー”という言葉がまだなかった時代ですが、当時の人々も香りが流行病などの悪いものから自分を守ってくれると知っていたのですね。

この習慣がやがて庶民にも広まり、果物で代用し制作したものがフルーツポマンダー。

フルーツポマンダーは、オレンジなどの果物にクローブをびっしりと刺していき、

シナモンなどスパイスの粉をまぶして乾燥させてつくる香りの魔除け。

実はポマンダーを作るこれらの材料には、日に日に陽の長さが短くなるこの時期の心身の助けになる効果があるといわれる香りのものが使われています。

そんなポマンダーに使用されるフルーツやスパイスをふんだんに使用し、

心をリフレッシュ&華やかな気持ちにしてくれるインド産のローズなどを

隠し味に効かせた、この時期ならではの香りに仕上がりました。

ご自身への癒やしの時間におすすめな香りです^^

(Visited 32 times, 1 visits today)

シェアする

フォローする