新たなインスピレーションをもらえる香りの魅力

シェアする

今日は香りの記憶を辿る旅に行ってきました。
スリランカに旅立つ空港で出会った、とある香り。

これを嗅ぐとなんとも言えない、懐かしさと同時にものすごく癒され、守られている感覚に陥り、それ以来この香りに取り憑かれる日々(笑)

そんな時に友人から紹介された「香りの標本」セッション。

「記憶を香りの標本化」して昇華するという試みなのです。

(セッションご参加のお客様よりご感想をいただきました^^)

内容は、15の香りを嗅ぎながらイメージするものを書き出し、

気になるもの、好きなものを調合してオリジナル香水を作ります。

自分が懐かしく思う香り、好きな香り、包まれたい香りを探した結果、

意外なところに辿り着きました。

それは、アイリスと蘭の香りに満ちながら、ホワイトティーで包まれる、

凛とした香りの中にほんわか柔らかな不思議な香り。

旅先で出会った香りとは全く違い、

しかも自分が普段つけている好きな香りでもなく、

本当に予想外な香りにびっくり!

しかも15の香りの中で全く匂いを感じない香りもあることにびっくり!!

香りの世界って奥深いですね。

しかも、記憶が蘇るだけでなく、あらたなインスピレーションも与える香りの世界にどっぷり浸った1日でした。

〈「香りの標本セッション」詳細・お申込みはこちらから〉

【11/12月枠・受付開始☆】「香りの標本」セッションとは?
「香りの標本」セッション。 それは、 いつまでも忘れたくない温かな気持ち、もう会えない大事な人との想い出、 大切に...
(Visited 58 times, 1 visits today)

シェアする

フォローする